Outdoor Living Feliz
アウトドア リビング フェリーズ 
HOME | ピザ窯使用前の事前乾燥工程手順

取り扱い注意事項
使用前の事前乾燥工程手順

ピザ窯 使用前の事前乾燥工程(慣らし運転)手順
窯への火入れ(窯の事前乾燥工程)を行う前に、全ての説明をよく読んでください。

 

  • 注 意
    • 本窯で火をおこしたり火力を再び強くしようとしたりする場合、ガソリンやランタン用ホワイトガソリン燃料、ケロシン(灯油)、ライターオイル、その他類似の液体燃料は使わないでください。窯の使用時には、それらの燃料は窯から遠ざけていただくようお願いいたします。また、窯の内部温度を下げたり消火したりするのに水を使うのはおやめください。燃料として使用できるのは固形の木材燃料のみです。パイン材やスプール材などのヤニ(樹脂)が含まれている木材の使用もおやめください。
    • ピザ窯に火入れを行う際には、以下の説明に従ってください。ハンドメイド薪窯が十分にその性能を発揮するためには、ピザ窯への火入れ工程が重要です。この工程を行わない場合、窯が損傷(ドームがひび割れたりなど)し、保温性能に深刻な影響を与える恐れがあります。火入れ工程については、最初のステップで窯の粘土素材に含まれている水分を蒸発させ、次のステップで窯をテンバリング(耐久性を向上させる)するという流れです。
    • 火入れ期間は3日以上とし、数回にわたり小さな火をいれます。火力は3段階程度に分け、低い温度から始めて徐々に火を大きくしていってください。なお3日目でも中火程度までにして、ゆっくり温めてください。
    • 火入れしていない窯を過度に熱すると、窯の粘土素材に熱衝撃や割れが発生する恐れがあるので、そうした加熱は絶対におやめください。また、そうならないためにも、以下に説明している「窯への火入れ手順」を必ず実施してください。通常の使用後にヘアークラック(細いひび)が生じることがありますが、こちらについては特に問題となるものではありません。

 

  • 窯の火入れに適した薪を選ぶ
    • 乾燥処理された広葉樹(含水比20%以下)を使用してください。オリーブやオーク(ナラ)、アッシュ(トネリコ)材などが一般的ですが、リンゴやアーモンド、桜(チェリー)、ウォルナット、、ピーカンなどの果樹材や堅果樹も適しています。一方、スプルースやパイン、ユーカリやバーチ(カバ)材などの樹液や樹脂を多く含む柔らかい木材はお勧めしません。なお、火をおこしたり火力を再び強くしたりする場合は、広葉樹材の他に、焚きつけや着火剤を使ってもいいでしょう。

 

  • 火をおこす
    • 最初に火をおこします。この際、火は窯の左右に偏らせず、中央で燃えるようにしてください。また窯の扉と煙突は常時、開けた状態にしてください。
    • 炎が直接ドームに触れると、温度が急激に上がる恐れがあるため、火が強くなり過ぎないように注意します。最初に火をおこすには、薪の小片(5×5×30cm)を1つ、窯の床に前から後ろにかけて(前後方向に)置きます。その小片にクロスさせる形で4つの焚きつけを置き、焚きつけの間(3ヶ所)に着火剤を置いてください。ここまで来たら火を点けます。温度が上昇しない場合は、必要に応じて広葉樹の1片を火に加えてください。

 

  • 注:初日と2日目は特に重要です。
    • この期間、窯内部の温度が強くなり過ぎないようくれぐれも注意してください。万が一火が強くなり過ぎた場合は、長い柄のついたピザピールで火を消してください。

 

  • 1日目:100℃ 程度で6~8時間

 

  • 2日目:175℃ 程度で6~8時間

 

  • 3日目:250℃ 程度で6~8時間

 

重要事項

本窯で使用するための条件をみたしていない製品は使用しないでください。

ピザ窯の外部が濡れている場合、まずは小さい火をおこして乾かしてください。窯が乾いたら徐々に火を通常の大きさに戻してお使いいただけます。

水を使用して窯内の温度を下げたり、火を消したりしないでください。水を使用した場合、窯の劣化や割れにつながり、床に穴が開いたり亀裂が生じたりする恐れがあります。

ステンレス製の煙突や金属扉に手などで触れないでください。これらの部品は非常に高温になります。

薪を必要以上に投入すると、火が窯口から出てくる恐れがあります。まずは小さな薪で火をおこし、徐々に薪を加えて調節してください。

調理の最高温度は500℃です。ピザの調理には350℃をお勧めします。

 

    • ご質問がある場合は、お気軽に販売店までお問い合わせください。楽しい窯焼き料理を!

 

Q & A バーベキューグリル

 

Q:本製品は、塗装する必要がありますか?

ありません。塗装された状態で納品されます。組立説明書とシリコン接着剤が付属しているので、素早く簡単に組み立てられるようになっています。なお、色を変えたい場合は、天然石の部品を除いて、石材用の塗料で塗り替えることが可能です。

 

Q:バーナーボックスとクロームの調理グリルは、バーベキューの全モデルに同梱されていますか?

はい、全てのモデルに、バーナーボックスとクロームの調理グリルが付属しています。

季節に応じた幅広い食材を調理可能です。

 

Q:本製品を組み立てるのに必要な工具は何ですか?

必要な工具は水平器、巻き尺、コーキングガンのみです。

 

Q:本製品にはどんな燃料が使えますか?

炭や成形木炭、または薪がお使いいただけます。

 

Q:本製品の組立後、すぐに使用して大丈夫ですか?

組立後は、組立時に使用した材料が完全に乾くのを待つために、1~3日の期間をおいてください。

 

Q:本製品に投入できる燃料の最大容量はどのくらいですか?

燃料の最大投入量はバーナーのサイズによって異なりますが、基本的には燃料の使用可能領域の75%に相当します。それを参考に目視で使用すべき量をご判断ください。

 

Q:グリルに食材を入れる適切なタイミングはいつですか?

火炎が上がらず、燃焼中の燃料の表面に白い膜が貼ったように見える頃合いが理想的なタイミングです。

 

Q:本製品の加熱中に、水で消すことはできますか?

どのタイミングであっても、製品が熱いうちは水を使って冷ましたり、火を消したり、または製品を洗ったりはしないでください。これを守らない場合、コンクリートや石材、またはレンガ部品にひび割れが発生する恐れがあります。

 

Q:本製品の納品はどのように行われますか?

個人宅への配送は、弊社指定の配送業者の営業所止めとさせていただきます。また、造園業者様・エクステリア業者様を経由してのご購入はお問い合わせよりご相談ください。

法人様への納品は、弊社指定の配送業者の車上渡しとさせていただきます。フォークリフト等のご用意をお願い致します。

設置作業をご希望のお客様には、岡山市内及び周辺部の範囲で承ります。お問い合わせください。

 
 

Q&Aの最終更新日 : 2019-08-02